2007年 11月 01日 ( 1 )
あと3日です~!(カウントダウン!!)
今日から11月となりました。

メンバーのはやしです。
平日でもちょこちょこ閑花さんに行っていたので、たくさんの方と「はじめまして!」とごあいさつが交わせたことがとても楽しく、あっと言う間にあと3日になってしまいほんとにびっくり!です~。名残り惜しいです~。

正式な感想はまたのちほど(笑)
今日は今回のグループ展に到るまでを思い出しながら、作品についてつらつらと書かせていただきますね。

c0122380_153881.jpg


在廊していた中で一番うれしかったのは、「猫が好きな方が撮った写真だな~って思いました。ほんとうに和ませていただきました」とお話していただいたことです。

2005年の1月。
八二先生の「猫を撮る」の講座を受講するために まずは無料体験講座を受けました。
「初心者向きの講座って・・・ゼッタイ嘘だ・・・^^;」って思いました。そのくらい講座生のみなさんの猫写のレベルは高く一瞬ひるみました。「ま、猫の話をしながら、写真の方は 最初の1年くらいは恥を掻きに行こう・・」と思い受講を開始したのを昨日のように思い出します(笑)

予測したとおり、その後の一年は初めて手に入れたデジタル一眼に四苦八苦。
それでも序々に、被写体の「猫」を通して 背景も自分の中で感じ取れるようになっていきました。

実はその前に通信の写真講座を受講して、結局1度も作品を提出できなかったイタイ体験も持っていたので、こんなダメダメな私でも楽しいとか、かわいらしいとか、とにかくワクワクした気持ちが行動に結びついていることに気がつきました。
「うまくなろう!」と言う気持ちがあっても撮ろうと思う対象に興味が無ければ、体が動かないんだなあと(笑)

個人によって撮りたい~!って思うのはさまざまだと思います。
キレイな風景だったり、動物だったり、人物だったり・・。

私の中では、いろんな転機の中で偶然に出会った猫。「みーちゃん」
そしてだんだんに、外を闊歩している猫たちにも関心を持っていったのです。

今回、講座の先輩方に背中を押されるように(笑)、グループ展を企画し、作品を選ぶ中で、猫たちのその背景にある景色に「はっ」とさせられて、今回は「猫を通して、四季を感じられるもの」を選んでみようと思いました。
なかなか、撮ろうと思って出かけてもそこに猫がいる保障があるわけでなし、まだまだ「コレ、いいな~」って思う自分の写真は少ないので、選ぶのは難しかったです。
選ぶ基本は外猫さんでも「誰もが見ても、あ、猫ってこんなことするよね。とか感じられるかわいいもの。」

やっぱり、外の猫はケガをしている子もいれば、病んでいる子もいる。
それをそのまま撮って、「良い写真」といわれても、私は絶対作品として発表しないと思う。
理由は・・・猫が好きな方なら、おわかりですよね(笑)

そんなわけで、なんとなくですが 自分の伝えたいことを、わかっていただけたみたいで↑の方のお言葉は、ほんとにうれしかったです~。


なんだか、えらく長くなりましたが(笑)、こんな思いがこもったみけさま展も今日を入れてあと3日です!

ご自宅の猫写真をご持参OKですよ~。(もしろ歓迎!!)
ぜひ「うちの子自慢」をするつもりで、お時間ありましたらお運びくださいね~(笑)。
[PR]
by mikesamaphoto | 2007-11-01 16:35 | はやし(ゆら)